JR内房線五井駅東口ロータリー駐輪場前|頼れる地域の歯科医院

ロゴ

予約制

0436-23-6480 9:30~12:30 / 14:30~19:00 休診[日曜・祝日または水曜日]

0436-23-6480 9:30~12:30 /14:30~19:00

院長紹介

『市原市で30年。これからも皆さんのお口の健康を守り続けていきたいですね。』

『いのまた歯科』院長の猪股哲夫です。
『いのまた歯科』を市原市五井に開院して30年になります。

開院以来、皆様に受診してよかったと思われる医院・スタッフが勤務してよかったと思える医院をめざして来ました。継続的・包括的地域医療の達成を目標に、これからも皆様に必要とされる医院であり続けるために、スタッフとともに更に研鑽を続ける決意です。

千葉県市原市五井で開業してから、2018年で開業30周年を迎えることができました。このたび、五井駅東口前に移転しましたが、同じ地域で続けようと思ったのは、今まで受診していただいた皆さんに継続して通院していただきたかったからでした。

市原市のこの地域で多くの皆さんに出会い、歯科医院を続けて来られたことに、日々、感謝しております。 今後も継続的に患者さまに通っていただき、治療、口腔ケアを続けていきたいと願っています。

今までの取り組みの甲斐もあってか、 90%を越える皆さんが治療が終わってもメンテナンスのためにリピーターとして通っていただけているのはうれしいですね。中には、ご家族3代で通ってくださる方もいて。これからも続けられる限り、市原・五井地域の皆さんのお口の健康を守り続けていきたいと思います。


『常に新しいことを。スタッフにも活躍の場を。』

テクノロジーが進歩していくように、歯科医療の知見や技術も日々進化していくものです。

患者さまにより安全で安心できる医療を受けていただけるように、 どんなことでも前向きにとらえて、新しい医療にもチャレンジしようと心がけています。

医療だけではありませんが、どんなことでも、ただ同じ事を同じようにやっているだけでは陳腐化してしまうものですから。


スタッフが快適に仕事ができることが、患者さまの快適な治療にも繋がります

また、歯科医院ではスタッフが活躍しやすい環境も大切です。 スタッフが向上心を持って快適に仕事することで、患者さまにとって最良の治療を提供できると考えています。

当院は20年以上勤務しているスタッフを中心に、長年勤務しているスタッフが多く、 「いのまた歯科に行くと、同じ人に担当してもらえるからいいね」と言ってもらえることもありがたいですね。

メイン画像

院長/歯学博士 猪股 哲夫(いのまた てつお)

  • 経歴
  • 北海道大学歯学部卒業
  • 北海道大学大学院歯学研究科修了(歯学博士)
  • 国立予防衛生研究所研究員
  • 米国ピッツバーグ大学医学部研究員

  • 1988年5月~ 『いのまた歯科』開院、現在に至る。

スタッフ紹介

歯科医師 K.T

来てくださる患者さまがいて、いっしょに働いてくれるスタッフがいるから、いのまた歯科があるということに感謝しながら。歯科医師である前に、社会人としての判断力と常識を持って、治療に向き合いたいと思っています。

歯科衛生士 A

治療を終えた小さなお子さんから「ありがとうございました」と言われると、「治療がんばってくれてありがとう」と思います。忙しい時でも、心を亡くさずに、安心・安全な仕事を心がけていきたいですね。

歯科衛生士 B

いのまた歯科の特徴は、お子さんも、お年寄りの方も、他の歯科医院では「治療が難しい」と言われた方でも、治療が受けられることにあると思います。たくさんの人の健康を守れる歯科医院でありたいと思います。

歯科衛生士 C

治療後や歯のクリーニング後、患者さまが喜んでくれたり、来てよかったと思っていただけるとうれしいです。不安になっている患者さまや緊張している患者さまのお気持ちを察して対応できるように心がけています。

歯科衛生士 D

私が大切にしているのは、歯科医院が恐くて緊張している人でも、少しでも安心して来ていただけるように、患者さまと接することです。「Dさんが担当してくれたから安心できたよ。ありがとう」と言っていただける時は、歯科衛生士になってよかったと思います。

歯科助手 E

"Smile On Smile"私の好きな言葉です。
虫歯などでご来院される方は緊張されていたり、不安を感じているものだと思います。そんな患者さまにも、歯科助手である私が笑顔で明るく対応させていただくことで、ポジティブな気持ちになっていただければと願っています。

歯科助手 F

患者さまに対して、常に笑顔で接すること。スタッフがスムーズに働けるようサポートすること。雰囲気のいい歯医者であるためには、両方が大切だと考えています。仕事にかぎらず、普段から「思いやり」を大切にしたいですね。